· 

怒りには目的がある

ごきげんよう。

先日来られたAさん。話を伺ってみると、知り合いの方が交通事故を起こされた。

大した事故ではないため、「大丈夫」ということでその場は終わったのですが、その後、被害者は警察に報告し人身事故になった。

それから後もずっと治療に通われているそうです。。。 

 

人は困難に出会ったとき、「なぜ?こうなったのだろう?」「何がいけなかったのか?」と、つい過去を振り返り、原因を探りたくなります。

しかし、原因が突き止められたとしても、どうしようもないのです。

 

---未来を見つめ、目的を考える。---

 

原因論の「どうしてこうなった」ではなく、「これから何ができるか」を創造し、行動することが大切なのです。

「怒り」という感情には、こうなって欲しいという目的があります。

「もう、治療院に通わなくて良いだろう」「普通の人の感情では、考えられないね」目的が理解出来れば、その目的を叶えるために、何がこれから出来るのかを考え、計画し、行動をすることが大切だと思います。

 

「アドラー心理学」駒澤大学教授 八巻秀氏監修より引用。ごきげんよう。


真田 光夫 オフィシャルサイト

〒726-0003

広島県府中市元町444-19

TEL/FAX : 0847-45-2810

携帯 090-4651-0729