神さま・スピリチャル

さなだっちのふちゅうdeBINGO! 「2021年暦を解説する」
さなだっちのふちゅうdeBINGO! 「2021年暦を解説する」 さなだっちのふちゅうdeBINGO! 「2021年暦を解説する」 番組はこちら>> https://youtu.be/kQNe3bbgVtk 今年は、2021年(令和3年、皇紀2681年)辛丑 知っているようで知られていない「暦」を解説します。 〇陰陽五行について 〇九星気学について 〇真田の今年は「停滞運」 個別案件につきましては、真田までお問い合わせください。 #暦 #暦を解説 #陰陽五行 #さなだっちのふちゅうdeBINGO!#九星気学 #辛丑 ---------------------------------------- 真田光夫 公式: https://www.sanadamitsuo.com/ Mail: magokoro@pear.ccjnet.ne.jp Line: https://lin.ee/rPzY3O3

本日、新月なので1か月ぶりに、金庫から新しいお財布にいでましいただきました。 旅出御弊は数多の民に幸へ給え 数多の御弊友をたずさえてときなる 今年最後の新月です。 良き1年で、ありがとうございました♪ #新月#お財布新調祈願#金運隆盛#開運祈願

折角、府中市に水晶玉さんが来られたので、芦田川の観光をしていただきました。 今日は、少し寒いですがとても天気は良かったですね。 #芦田川 #水晶玉#府中市観光

昔、出雲大社にお参りした際にお土産(御宮笥(おみやげ))(※1)としていただいた土器・瓦笥(かわらけ)。 玄関入口に盛り塩をして置いていた土器(かわらけ)・平瓮(ひらか)(※2)が、最近は少し触るだけで土器(かわらけ)がボロボロになってしまいました。 そこで、新しく「水晶玉」に御仕事(※3)を引継いでいただくことになりました。 長い間、真田家を守っていただいた土器(かわらけ)さん「ありがとうございました!」 そして新しく任務を任された水晶玉さん「よろしくお願いいたします!」「邪気が入らぬようにお守りください。」 ※1:御宮笥(おみやげ)とは、神社仏閣を参詣した証拠の品として、授かりものを故郷に持ち帰るのが、おみやげの由来。 ※2:平瓮(ひらか)とは、古代に用いられた平たい土製の容器。または、土器(かわらけ)とも言う。 ※3:仕事とは、玄関に置くことで、外部から侵入する邪気を取り除いてくれる。 #御宮笥 #瓦笥 #水晶玉 #平瓮 #邪気 #玄関入口

新しい財布を購入したので、 御財布新調祈願祝詞奏上をさせて戴きました。 これから約2週間程、金庫の中でゆっくりとおくつろぎいただきます。 #開運祈願#御財布新調祈願#金運隆盛 #新しい財布

ごきげんよう。 2019年7月2日 16時39分(チリ・ラセレナ現地時間)にて、皆既日食の写真です。 日食は、太陽と月が一直線になることで、起きる自然現象です。 一つの軸で繋がることで、何かが終わり、新たに始まり。 完全に生まれ変わる。ことを意味しています。 新しい自分をリスタートしてみませんか? 今、手に持っている様々なものを手放すことで、新たなものを手に入れることができるのです。 特に今月は「蟹座」で新月。 「蟹座」と言えば「母性愛」です。 新しい命を物・商品・サービスに吹き込み。育て・育んでいきましょう。 今まで当たり前だと思い込んでいたこと。常識だと信じていたこと。 そんな当たり前のことを今一度、見直してみませんか? そこにヒントが隠されています。 違う角度で見てみる。上から下から斜め上から左から右から... 違う立場の人間になったつもりで... オズボーンのチェックリストです。 ①他に使い道はないか(Put to other uses-転用) ②他からアイデアが借りられないか(Adapt-応用) ③変えてみたらどうか(Modify-変更) ④大きくしてみたらどう

ごきげんよう。夏越の祓(なごしのはらえ)とは、半年分のケガレを落とし行事で、この後の半年の健康と厄除けを祈願します。また、この備後地方では、「※蘇民将来」の発祥地とされる、素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)が、福山市新市町大字戸手にあり、祇園祭発祥の式内社でも有名なため、元町の氏神様(小野神社)でも、茅で輪を作り、茅を八の字に回る神事を開催しました。朝7時から、空木地区に茅を伐採に行き、その後ひも状に茅を編んで台に立てかけて準備万端となります。ところで、※蘇民将来とはどのような内容かと申し上げますと...昔、北海にいらっしゃった、武塔神(むとうしん)という神様が、南の海の神の女子を嫁にもらおうと旅に出ました。日が暮れて、宿を探そうとしたとき、蘇民将来というものが2人いた。兄の蘇民将来は貧しく、弟の将来はお金持ちでした。武塔神は弟の将来の家に泊まろうとすると、ケチって泊まらせなかったのですが、貧しい兄は武塔神を快く家に招き、貧しいながらも座られる場所を用意し、栗ご飯も炊いて歓迎をします。滞在後、武塔神は無事に南の海の神の娘と結婚し、8柱の子を授かり、北の国に帰ろうとしました。

真田 光夫 オフィシャルサイト

〒726-0003

広島県府中市元町444-19

TEL/FAX : 0847-45-2810

携帯 090-4651-0729