· 

今日から始める

ごきげんよう。 

今日、ホームページを開設しましたので、ブログも始めます。 

最初のブログなので「青春」の詩をご紹介いたします。 

 

二次大戦終戦後、1945年9月27日に昭和天皇が,日比谷の占領軍総司令部にマッカーサー元帥を訪問し、天皇が始めて民間人と並んでツーショット写真を取られた部屋の壁に掛けられていた詩が、この青春の詩(英文)であった。 

 

「青春」 

原作: サミエル・ウルマン 訳詞: 岡田 義夫 

 

青春とは人生のある期間をいうのではなく、 心の様相をいうのだ。 

すぐれた創造力、たくましき意志、炎ゆる情熱 怯懦をしりぞける勇猛心、安易をふりすてる冒険心 こういう様相を青春というのだ。 

年を重ねただけで人は老いない。 理想を失うときにはじめて老いがくる。 

歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。 苦悶や、狐疑や、不安、恐怖、失望、 こういうものこそ、あたかも長年月のごとく人を老いさせ、 精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。 

 

今日はここまでです。 全文を紹介できませんでしたので、続きは次回です。 ごきげんよう。


真田 光夫 オフィシャルサイト

〒726-0003

広島県府中市元町444-19

TEL/FAX : 0847-45-2810

携帯 090-4651-0729