· 

プロジェクト

ダウンロード
プロジェクト企画事業計画書フォーム.1.pdf
PDFファイル 68.8 KB

ごきげんよう。

仕事柄多くの事業計画書を作成してきました。

今日は、「事業計画書」についてご紹介します。

 

事を興すにあって、一番大切なことは、「大義名分」です。

この事業を行うことは、企業の発展になるのか?市民のためになるのか?お客様のためになるのか?私心は無いのか?何のために行うのか?等を一番に考えます。

 

次に着手するのが、5W1Hです。

いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)です。

この際に、真田は「マインドマップ」を必ず作成します。

※マインドマップについては、後日ご紹介します。

 

この項目が埋まれば、事業計画書はほぼ完成です。

 

あとは具体的なロードマップを作成していきます。

いつまでに何をするのか?

ターゲットは誰が?

誰に何を与えるのか?

そのターゲットの立場になって創造力を膨らましてみます。

その人には必ず「希望」があります。

こうして欲しい。こうなりたい。あったらいいな。等です。

 

それを創造することで、事業満足度の精度が高まります。

 

あとは具体的なTO-DO表を作り、ひとつずつチェックしていけば事業は完成となります。

 

全体の事業計画を通して、大切にしていることは、自分とこれに関わる仲間が愉しむことです。皆が楽しく行わなわなければ、何も意味を成しません。

 

事業に皆が集まり。笑顔が皆を幸せを感じるものだと思います。

人生は、様々な体験をするためにこの世に生まれてきたのだから、より良き体験をしたいものです。


真田 光夫 オフィシャルサイト

〒726-0003

広島県府中市元町444-19

TEL/FAX : 0847-45-2810

携帯 090-4651-0729